今ならまだ間に合います
受けよう! 特定保健指導
2019.7.1更新

特定保健指導とは、特定健診の結果、メタボリックシンドローム(メタボ)のリスクがあるとわかった人に対して行われる、専門スタッフによるサポートです。
生活習慣を改善し大きな病気の予防ができる、このチャンスをぜひ活用しましょう。

*腹囲は基準値内・BMIが25以上で、リスクが1~2つの場合は動機付け支援。
※血圧降下剤等を服用中の人は、特定保健指導の対象になりません。
※65歳以上の人は積極的支援レベルでも動機付け支援となります。
※2年連続で積極的支援に該当した人のうち、1年目に積極的支援を終了して2年目の特定健診結果が一定以上改善している人は、2年目の特定保健指導は動機付け支援となる場合があります。
対象外の人も油断は禁物
今回は基準値内だった方も、よくない生活習慣を続けていれば、いずれそのツケがやってきます。食生活・運動・飲酒・喫煙など、普段の生活習慣を見直してみましょう。
 
こんな人は特に要注意
太っている、あるいは年々体重が増えている
健診結果はどれも基準値内だが、年々数値が悪化している
太ってはいないが、高血糖・高血圧・脂質異常などリスク因子がある
 
実はこんな事情も…
特定健診や特定保健指導を受ける人が少ない場合、国に拠出している後期高齢者支援金が増える仕組みになっています。支援金が増加して健保の財政が悪くなると、皆さんが支払う保険料が上がるかもしれません。健康のためにも、保険料負担軽減のためにも、特定健診・特定保健指導は必ず受けましょう。
 
 
6月号「口の中の問題だけではない! 歯の健康」
5月号「加熱式タバコ Q&A」
4月号「夫婦で受けよう! 特定健診」
3月号「こころの健康づくり上手なストレス・不安解消のヒント」
2月号「早めの対策で快適! 花粉症のシーズンを乗り切るために」
1月号「使ってみましょう! ジェネリック」
12月号「その不調、体内リズムの乱れが原因かも?」
11月号「今日から始める ロコモ予防と対策」
10月号「これが対処法 カゼ・インフルエンザ」
9月号「生活習慣病の重症化を防ぐために」
8月号「禁煙成功 こうすればできる!」
7月号「早期発見にがん検診は不可欠」
6月号「知っていますか 大切な歯のこと」
5月号「知っていますか 介護保険のしくみ」
4月号「健診でカラダチェックしよう」
3月号「糖尿病にならないために何を…」
2月号「ジェネリック医薬品を利用しよう」
1月号「もっとよく知ろう がん検診」
12月号「血圧を上げないライフスタイルとは」
11月号「今日から始める認知症予防」
10月号「自分でできるカゼ対策!」
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら