加熱式タバコ Q&A
2019.5.7更新

近年、利用者が増えている加熱式タバコ。
害がないかのような宣伝を目にすることもありますが、果たして本当なのでしょうか。
健康のために新型のタバコについてしっかりと理解しておきましょう。

監修
産業医科大学 産業生態科学研究所
教授 大和 浩
  加熱式タバコは、タバコの葉に熱を加え、ニコチンを含むエアロゾル(ミスト・霧)を吸うタバコ。電子機器のような見た目や、おしゃれなケースの登場もありファッション感覚で使用する人も多いですが、所詮は有害なタバコです。
 
  「加熱式タバコのみ喫煙可」など独自に定めている店もありますが、有害な成分を周囲にまき散らします。紙巻きタバコの使用が禁止されている場所では使えません。
 
  加熱することでもタバコからは強い発がん性があるアルデヒド類が発生します。その量が減ったからといって、安全であることを意味するわけではありません。
発がん性物質には「ここまで大丈夫」という安全域はないからです。メーカーも「健康リスクを軽減させる一番の方法は両方やめることです」とホームページで言っています。
 
  加熱式タバコから副流煙はほとんど出ませんが、喫煙者の吐く息に発がん性物質などの有害物質が含まれています。
日本人を対象とした調査で、近くで加熱式タバコを使用されたことによって気分不良や喉の違和感、目の痛みなど37%の人に何らかの症状が発生したことが分かっています。
 
 
 
4月号「夫婦で受けよう! 特定健診」
3月号「こころの健康づくり上手なストレス・不安解消のヒント」
2月号「早めの対策で快適! 花粉症のシーズンを乗り切るために」
1月号「使ってみましょう! ジェネリック」
12月号「その不調、体内リズムの乱れが原因かも?」
11月号「今日から始める ロコモ予防と対策」
10月号「これが対処法 カゼ・インフルエンザ」
9月号「生活習慣病の重症化を防ぐために」
8月号「禁煙成功 こうすればできる!」
7月号「早期発見にがん検診は不可欠」
6月号「知っていますか 大切な歯のこと」
5月号「知っていますか 介護保険のしくみ」
4月号「健診でカラダチェックしよう」
3月号「糖尿病にならないために何を…」
2月号「ジェネリック医薬品を利用しよう」
1月号「もっとよく知ろう がん検診」
12月号「血圧を上げないライフスタイルとは」
11月号「今日から始める認知症予防」
10月号「自分でできるカゼ対策!」
9月号「健診結果 「要精密検査」「要治療」は必ず病院へ!」
8月号「栄養バランスのいい外食の選び方」
7月号「知っておきたい熱中症対策」
6月号「食中毒にならないために」
5月号「もっとよく知ろう介護保険」
4月号「受動喫煙はほんとうに恐ろしい」
3月号「野菜さんで元気になろう 食べていますか 1日350g」
2月号「健診で「要再検」「要精密検査」と判定されたら」
1月号「市販薬も減税対象になります!!」
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ストレスに強くなる生活って何?」
3月号「よい睡眠が心と体を元気にする」
2月号「健康診断で尿酸値が高いと言われたら」
1月号「目の健康を保つために」
2015年の健康情報はこちら
2014年の健康情報はこちら
2013年の健康情報はこちら
2012年の健康情報はこちら
2011年の健康情報はこちら
2010年の健康情報はこちら
2009年の健康情報はこちら
2008年の健康情報はこちら
2007年の健康情報はこちら