市販薬も減税対象になります!!
2017.1.5更新

平成29年1月から、「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が新たに施行されることになりました。セルフメディケーションを促進させるために、特定の成分を含んだ医薬品の年間購入額が合計12,000円超えた場合(上限は88,000円)、その超えた部分について、総所得金額から控除されることになります。
ただし、これまでの「医療費控除」も継続されますが、「セルフメディケーション税制」のどちらかしか適用されません。対象となる期間は、平成29年1月1日から平成33年12月31日までです。

健康増進や健康維持、病気の予防のために、特定健診、予防接種、定期健診、健康診断、がん検診などを受けていて、係わりのあるOTC医薬品※(製品パッケージにマークが印字される)を購入した本人、家計が同じ家族や親族(別居も可)となります。
※OTC医薬品…薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品。「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略でカウンター越しに薬を販売するスタイルに由来。
セルフメディケーション税制の適用は、利用者の判断にゆだねられますが、申告の際には購入の証明としてレシート(領収書)が必要となります。
セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分自身で手当てすること」。
病院に行くほどではない、軽い病気やけがは市販薬を正しく使うことで、ある程度対処できます。購入するときは、薬剤師や登録販売者に相談して、用法・用量をきちんと守って使いましょう。
 
薬剤師、登録販売者に伝えること
薬を使う人の年齢(自分以外の人が使うとき)
症状をできるだけくわしく
他に使っている薬があるか
アレルギー、副作用歴、妊娠中、授乳中の有無
機械や車の運転をするか など
12月号「上手に飲もうアルコール」
11月号「接骨院 整骨院などにかかるとき」
10月号「カゼ・インフルエンザの予防」
9月号「ジェネリック医薬品を使いましょう」
8月号「歯の健康を保つために むし歯・歯周病を予防しよう」
7月号「感染症・熱中症にご用心!知っておきたい夏の健康管理」
6月号「たばこの真実と禁煙成功のヒント」
5月号「健康なときこそ健診を受けよう」
4月号「ぜったいダメ!!たばこは血管をボロボロにする」