病気やケガで仕事を休んだとき
申請

病気やケガの療養のため仕事を休み、給与が支給されないとき、被保険者(とその被扶養者)の生活補償の目的で、一定の現金(1日につき標準報酬日額の3分の2相当額)が傷病手当金として健康保険組合から支給されます。任意継続被保険者の方には支給されません。
傷病手当金は、3日以上連続して会社を休んだ場合で、4日目から支給されます。はじめの3日間は待期期間といい、支給されません。
支給される期間は、同一の病気やケガについて支給の始まった日から1年6カ月間です。ここでいう1年6カ月とは暦の上での1年6カ月という意味で、支給の実日数ではありません。その間の出勤欠勤の日数にかかわらず支給の日から1年6カ月たてば、その後の傷病手当金の支給はありません。

傷病手当金請求の流れ