禁煙外来治療補助

ご自分の健康のみならず、受動喫煙の影響も大きい喫煙習慣から脱出し「禁煙」⇒「卒煙」にチャレンジしていただくため、「保険適用となる禁煙治療」にかかる治療費の一部の補助を行ない禁煙者減少への支援を行います。

補助の対象者

下記①~③に全て該当する方。
①在籍している被保険者・被扶養者(任意継続者は除く)
②禁煙治療(外来)の「保険適用条件」※1を満たしている方
③参加の意思を表明し、卒煙達成時に被保険者・被扶養者であること

※1禁煙治療(外来)の「保険適用条件」は、次の4項目(①~④)
①患者自らが禁煙を望んでいる
②ニコチン依存症診断用のスクリーニング(TDS)の結果が5点以上(ニコチン依存症)
③ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(35歳以上)
④禁煙治療(外来)について説明を受け、その禁煙治療(外来)を受けることを文書により同意している。

■35歳未満の喫煙本数に関する要件

(平成28年4月1日の診療報酬の改定により、健康保険等でニコチン依存治療ができる条件が緩和され、治療できる患者さんが増えました。(詳しくは医師に相談ください)
次にあてはまる方は、健康保険等による禁煙治療を受けられる可能性があります。
あなたが、
●ニコチン依存症と診断される。※2
●直ちに禁煙することを希望している。
●禁煙治療についての説明を受け、ニコチン依存症※の治療を受けることを文書により同意している。
※2「禁煙治療の標準手順書」にそったスクリーニングテストや治療

補助額

卒煙を達成した方に 10,000円。ただし、自己負担が10,000円未満の場合はその額

実施方法(申込から支払いまでの流れ)

1)実施期間:平成30年4月1日から平成31年3月31日まで
2)「禁煙外来治療補助支給申請書」に「禁煙宣言書」を添付し、健保組合に提出する。
3)治療が完了(開始後約3ヵ月)した時に、医療機関発行の(または健保所定の用紙に)「禁煙外来が終了した 証明」をもらい、コピーを健保組合に提出する。
※イオン健保指定の「禁煙外来終了証明」を利用する場合、切り取らずにコピーを提出
4)禁煙外来終了後も禁煙を継続し、禁煙治療開始後6ヵ月経過した時点で、当健保所定の「補助金支給申請書(別紙2)」に、支援者が記入・押印した「卒煙証明書」(原本) 及び、医療機関へ支払った自己負担分の「領収書」(コピーでも可)を添付し、事業所の健保業務担当者様へ提出する。
5)補助金支払いは、毎月25日迄に受領した申請書については、翌月10日の支払い。
※在籍中に卒煙を達成した1回のみ補助の対象です。(禁煙治療のエントリーは何回でも受付けます)
※キャンペーンのエントリー状況は、会社と共有させて頂きますので、ご了解願います。望まれない方は、その旨を禁煙外来治療補助支給申請書にご記入願います。